脱公務員 転職 ビジネス 悩み 仕事 職場 上司 生き方 考え方
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え方100連発

警察官を辞めて、社長になって、はじめて分かったこと

考え方の収集と保管

考え方 コレクション方法

日々の生活の中で、

なるほどなぁ~、という発想に

出会うことってないですか?

 

ず~~~~っと悩んだり、苦しんだりしていることが、

人の何気ない話や、本の中の言葉がヒントになり、

気持ちが少し、やわらいだり、楽になったりすることってないですか?

 

僕は、人間関係で悩んだり、

解決できない問題を抱えて苦しんでいる時、

本当につらくて、つらくて、

どうにかしてくれぇーーーーって、

心の中で、ひとり絶叫します。

わらにもすがる、と言いますが、

そのわらすら無いんです。

 

そんなときに、救ってくれるのは、

     「最初からうまくできる人なんていないよ。

      うまくいく方がどうかしてる。」

って言ってくれた優しい言葉だったり、

     「あなたに解決できない問題は現れない

という本の中で出会った言葉だったりします。

 

 僕は警察官時代、仕事がとても苦痛でした。

自分の人生、これでいいんかなぁ~って、ずっと悩んでました。

そんなとき、ある本から世界が一変するような発想を教えてもらいました。

今でも大切にしているこの考え方が、

ダメ警官を、社長にまで育ててくれたように思います。

 

そういう何気ないアイデア、考え方は、

できるだけたくさん持っていた方がいいと思います。

考え方は、モノの見方。

考え方がたくさんあるってことは、

視点をたくさん持つことと同じで、

人生が豊かになります。

 

たとえば、空き缶も、

真下から見たらまんまるの円に見えるけど、

視点を変えて、横からの視点で見ると、

長方形に見えます。

空き缶(悩み)自体は変わっていないけど、

視点(考え方)を変えると、

全く違う形(とらえ方)に見えます。

不幸だと悩んでいたことが、視点を変えたら、

悩みから抜け出せたりもします。

 

こういう発想やアイデア、言葉といった考え方に

たくさん出会うために、私は次のようなことを心がけています。

〇本を読む

 稲盛和夫さんやカーネギー、7つの習慣など

〇ユーチューブで自己啓発の動画を見る

 無名だけど、すごく良いこと言ってる講師の講演動画と出会ったりする

〇講演会に参加する

〇人に相談する(半分愚痴になってるかも)

 やはり人生の先輩の話はためになる

 

そして、こういうことから出会った考え方は、

メモに残すといいと思います。

ノートでもいいし、パソコンのワード形式でもいいし、

できれば、ずっと残っていくもの、

見直しがしやすいものがいいです。

自分専用の「考え方コレクション」のノートを作りましょう。

なぜなら、人は翌日には、昨日の半分のことを忘れてしまうからです。

 

せっかくの考え方を、忘れてしまってはもったいないです。

またいつかやってくる悩みや問題との再会に備えて、

武器は残していきましょう。

 

次回は、コレクションした考え方を、

いかに、自分の血肉化していくか、について書きます。