脱公務員 転職 ビジネス 悩み 仕事 職場 上司 生き方 考え方
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え方100連発

警察官を辞めて、社長になって、はじめて分かったこと

「考え方」コレクター

考え方 コレクション方法

結論:人生最大の財産「考え方」のコレクターになろう!

   考え方の「質」と「量」にこだわって、収集しよう

 

 

前回のブログでは、「サバイバル能力」が必要と書いた。

 

このサバイバル能力、1番大切なポイントは「考え方」である。

考え方には、いろいろな種類、タイプがあるので、

あえて「考え型(かた)」と書いてもいいと思う。

 

この「型」は、

将棋でいうところの駒や、

UNO(ウノ)というカードゲームのカードと同じである。

強い駒やカードを、たくさん持っていた方が、

局面に合わせた、最高の一手を打つことが可能になる。

また、多くの型を持っていれば、

その型同士を組み合わせ、

新たな型を産み出すことも可能となる。

 

つまり、

この「型」をどれだけ数多く持っているか、

どれだけ質の良い「型」を持っているか、

これが人生というゲームで、

うまく局面を乗り越える人と、そうでない人の差を生む。

 

たとえば、「万事塞翁が馬」という考え方がある。

知らない人は、ググってほしい。

不幸や災難で、気分が落ち込んでしまっても、

このような「考え型」もあるんだと知っていれば、

前向きに対応することができる。

逆に、知らなければ、

不幸や災難に負けてしまうかもしれない。

 

その考え方を、知っているかどうかが大切なのである。

知っていれば、助かるときがある。

 

だから、人生うまく歩みたいのであれば、

成功者や、幸せな人の、質の高い「考え型」を集め、

自分のものにしていこう。

 

そして、この「考え型」をどんどん、

数多く集めてほしいと思う。

コレクターのように収集して、

忘れないように、大事に保管してほしい。

 

人生で、不幸や災難に出会ったとき、

それまで集めた「考え型」が、最高の一手になるはずである。

 

次回は、考え方コレクターとして、

いかに考え方を収集し、いかに忘れないよう保管するか、

その具体的方法について書きたいと思う。

不安定の中にこそ、本当の安定がある

考え方 コレクション方法

結論:不安定の中にこそ、本当の安定がある

   安定した生き方がしたいのなら、

   将来が約束されていない、

   何の保証もされていない

   そんな仕事に就くことが

   結果的に、1番安定した生き方になると思います。

 

 

公務員を目指してる人に聞きたい。

あなたは、どこに魅力を感じて、公務員を目指しているんでしょう?

安定? 世間体? 福利厚生?

 

かくいう私も、これらのことに魅力を感じて、

公務員(警察官)になりました。

正直に言うと、公務員なら何でもよかった。

市役所やら県庁やら、いろいろ受験して、

たまたま合格したのが警察官試験でした。

(不純な動機でごめん)

 

そして、公務員になってみて、はじめて分かった。

公務員って、超不安定・・・。

 

そりゃあ、公務員って、リストラとか倒産とか、

あんまり関係ないと思う。

組織を抜けなければ、一生、組織に守ってもらえる存在である。

お給料も毎月、固定額が入ってくる。

 

でもね、警察官やりながら、

自分の人生、本当にこれでいいんかなぁ~って思ってしまった。

すごく不安定、って思ってしまった。

 

不安定だと思う理由 その1

公務員は、組織の業務命令や上司の言うことは絶対。

その命令は間違ってるなとか、おかしいな、と思っても、

それに逆らうことはできないんです。

もっと言うなら、「YES」以外の発言は許されてなかった。

あなたは黒いカラスを、上司が「白い」と言ったら、

「本当に白いですね」って言えますか?

 

不安定だと思う理由 その2

公務員は、成長より、失敗しないことが大事。

私のいた組織では、1番大事なことは、失敗しないこと。

評価が加点方式じゃなく、減点方式なんです。

初めからみんな最高得点の100点で始まり、

成功してもこれ以上点数は上がらない。

失敗すると、減点されていくんです。

この風土は、挑戦しようとか、改善しようという風土にはならない。

何もしないのが、1番失敗しないんです。

でも、そこに成長はありませんでした。

 

不安定だと思う理由 その3

転職が難しい。

公務って特殊だから、中高年で民間に転職する場合、

よほどの特殊なスキルがないと、民間で採用されないと思う。

たとえば、50代まで警察官やってた人が民間に転職しようとした場合、

どんな転職先があるでしょう?

 

ある日、私の先輩が、上司から怒られている現場を目撃しました。

すごく理不尽な内容で怒られているのです。

そして「いやなら、警察辞めてしまえ」と言われる始末。

辞められるわけがないのです。

理不尽だと思っても。

飲み込むしかないんです。

 

私は、公務員をバカにしているわけではありませんよ。

それでも、公務を全うしたいという方は素晴らしいと思います。

理不尽の中で、公に尽くす精神は、本当に素晴らしい。

私は公務員不適格者でしたが、

公務員の方はとても立派だと思っています。

現職の方には、心から感謝しています。

ただ、私には、できませんでした。

 

自分が正しいと思ったことを、自分の責任において、

堂々と実行し、胸を張って主張する。

将来に向けて、より良い方法を模索し、

新しいことに積極的にチャレンジしていく。

どんどん失敗して、失敗から多くのことを学び、

失敗の数だけ自分を成長させていく。

無頼独行。

他を当てにせず、自分の力で、自分の責任で道を進んでいく。

そんな不安定な生き方が、本当の安定だと思うようになりました。

 

不安定だからこそ、不安で不安で、少しでも安定でありたいと、

自分自身を磨いていくのだと思います。

私は、不安定な社会の中で、どんな環境にあっても、食べることができる、

野良犬のようなサバイバル能力を身に着けたいと思いました。

どこでも生き残るサバイバル能力を身に着ける、

これこそが本当の安定だと思うのです。

仕事のヒント

仕事のヒントになる考え方を

コツコツ、更新していきます。